大塚駅南口 立ち飲みワインスペインバル かとバル - JR大塚駅 南口徒歩1分

200x80_LOGO_2.png


131x50_CONCEPT.jpg131x50_CONCEPT.jpg131x50_menu_y.jpg131x50_Access_.jpg131x50_Access_.jpg131x50_contact_.jpg131x50_contact_.jpg

HOME > メニューのこだわり

860x130_menu2.jpg

メニューのこだわり

料理3品+ワインお代わりする。それで2,000円でお釣りが来る

日常生活の1つとして、気軽に来てもらえるお店にしたい。そのため、料理3品とワインをお代わりしても2,000円でお釣りが来るメニューにしました。料理はTAPAS(タパス)と呼ばれる小皿料理で提供いたします。お腹いっぱいになるところまでのボリュームは無いですが、小腹を満たすには十分です。

   待ち合わせにちょっとひとつまみ、  2軒目として飲み直す、  帰る前に1杯だけ!

そんな使い方がぴったりとあうお店です。

TAPAS(タパス)小皿料理
ドリンクメニュー


 ホタテじゃない!? 北海道 噴火湾のホタテのアヒージョ

TAPAS(タパス)小皿料理はお酒、特にワインに合うようしっかりとした味付けにしています。そのなかでもアヒージョ(アヒージョとはスペイン語で“にんにく風味”という意味です)にはこだわりがあります。
スペインの代表的なTAPASで、素材をオリーブオイルとにんにくで煮込んだ料理です。一般的にエビ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、牡蠣、イワシなどの素材が使われることが多い料理で、かとバルでもエビ、マッシュルームをはじめ噴火湾ホタテ、つぶ貝のアヒージョを提供しております。
かとバルアヒージョ

 惚れ込んだ食材:《噴火湾のホタテ》《釧路のつぶ貝》

前職で飲食店のメニュー企画、商品開発を行なっている時期がありました。その時に[ビールに合う炭火焼きをして美味しい食材]という開発があったときに探しあてたのが《噴火湾のホタテ》と《釧路のつぶ貝》でした。
《噴火湾のホタテ》はそれまでに味わったことの無い、濃厚な味で「本当にホタテ?」と疑うほどでした。とにかく濃厚。《つぶ貝》に関してはホタテにも勝るとも劣らない味の濃さに加え、コリコリの食感がたまらない。どちらもビールに合う最高の素材でした。当時のお店では、そのホタテのみを毎週食べに来るお客様が出たほどの人気がありました。

かとバルではアヒージョとして提供します。この調理法の場合、素材をオリーブオイルで煮込みます。そのため、濃い味わいをもつ食材であればあるほど、その味が旨味としてオリーブオイルに染み出てきます。この旨味が出たオリーブオイルがたまらなく美味いのです。これだけで、お酒がすすみます。
追加で100円にはなりますが、バケットをご用意しています。旨味が出たオイルにどっぷりとつけたバケット。ぜひあわせてお楽しみください。

噴火湾のホタテ



 当店一番の高級料理《エゾシカ骨付きロース ¥700》

日本ではあまり知られていませんが、フランスで高級食材として扱われている鹿肉。生で食べると...
詳しくはエゾシカ


 グラスワインが¥350。どうしてそんなに安いのか

ヒミツは空気のシャットアウト

ワインは空気に触れてしまうと傷みます。そのため、ワインボトルの場合コルク栓を抜いたら...
詳しくは350円ワイン